• 実績事例
  • 会社概要
  • 採用情報
ブログ

2015.11.30

道の駅「久米の里」

 所用で岡山県真庭市に出かけた帰りに津山市の道の駅「久米の里」に立ち寄りました。     ここのシンボルは、身長7mの巨大モビルスーツ。一見の価値ありです。

ここには直売所があり、地元の農産物が多く販売されています。特に津山市だけに牛肉やホルモンが充実しています。

 購入したのは、「牛の煮こごり」、「かしわ」(卵を産まなくなった親鳥の肉)、「いりかす」(大阪の油かすに似たもの)です。

「牛の煮こごり」は厚さ1㎝位にカットして辛子をつけて食べると抜群です。ゼラチン独特の食感と甘辛い味が辛子のツンと絡んでたまりません。(夏場は販売していませんので、ご注意を)

「かしわ」の半分は播州名物「ひねぽん」に(簡単に言えば、かしわを焼いてポン酢に浸したもの)焼いた肉は香ばしく味は濃厚で、肉質は固く噛めば噛むほど肉のうまみが出て、そのうえ皮のコリッとした食感は病みつきになります。

残りの半分は「とり信」風の鶏鍋にします。「とり信」は滋賀県愛知川にある鶏料理のお店で、ここの鶏鍋は絶品!かしわと野菜と豆腐といたってシンプルなものですが、大将秘伝の薄味の出汁が具材自身の美味しさを引き立て、一体となった最高に美味しい鍋です。特にごぼうとの相性は格別です。

「いりかす」はモツ煮込み風に固い部分が充分に柔らかくなるまで煮込みます。溶け出した脂の旨みと、柔らかくなったホルモンの味わいが絶妙な一品になります。

以上、お酒のお供の紹介でした。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム