• 実績事例
  • 会社概要
  • 採用情報
ブログ

2017.12.29

PBS-4(織陣Ⅰ)

PBS-4【織陣Ⅰ】

今回の戯漫劇詩は、好きな建物シリーズ【織陣Ⅰ】のエレベーションカット・パソコンスケッチ。

応仁の乱で山名宗全が西軍の総大将として陣を構えた所以から知られる、京都は西陣の地に強烈なインパクトを持った建物が現れた、その名は織陣Ⅰ。 
間口7間(約13m)奥行33間(約60m)という奥深いうなぎの寝床のほぼ3分の1にあたる東端を、老舗帯問屋の本社社屋に当てるとして、増築計画の一期工事として竣工した。 羽織をモチーフとしたとされる建物のファサードは、赤御影石の重厚な中に金属を加えた壁面一体で構成され、中央の玄関からなるわずかな開口部に、豊かな内部空間を見る事が出来る暗示性が感じられる。 又、この建物を知る上では、計画段階でのクライアントからの条件として「建物の使用方法は建築の完成後に決定する」と言う抽象的難題を前にして、かろうじて姿を見せる事になったと言う経緯から、クライアントの揺るぎ無い信頼性が導き出したこの建物に、途轍もない奥の深さとこだわりを見る事が出来る。 ムム・・・汗!!
 
PS:織陣Ⅰは、何度となく見学に行っていますが、実際に見るとやはり凄いですよ!!
by:GAMUTO

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム